自分の好きなヒト・コト・モノ・バショと暮らす「ストライクゾーン」

BOSE QC45イヤーパッド交換方法

毎日の仕事で使ってきたBOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QC(Quiet Comfort)45」のイヤーパッドがズタボロになりました。

交換用パッドが販売されているので、取り寄せて自分で交換してみたので方法や注意点を紹介します。

BOSE QC45の交換用イヤーパッドはどこで買える?

「BOSE QC45 イヤーパッド交換」で検索すると、BOSE公式・ヨドバシ・Amazonなどにヒットします。一番お安いのはAmazon。他より400円やすく買えるので、実質免税みたいなものです。

注意点としてはBOSE公式以外が製造・販売しているサードパーティー製の商品があるということ。

対応していれば純正以外のものでも別にいい!という人はそれでもいいですが、やはり純正にこだわりたい!って人は販売元がBOSEになっているか確認をしてください。

BOSE QC45のイヤーパッド交換方法

箱です。

内容物です。

説明書はフル英語ですが、割と簡単な単語ですので大丈夫だと思います。

イヤークッションの部分をやさしく引っ張り上げます。

ツメで引っかかっているので、ちょっと内側に引きながら上に引っ張ると外れます。

続いてスクライムと呼ばれるLやRと書かれた布を剥がします。両面テープで固定されているだけなのでこちらも取り外しは簡単。

テープ跡が残っても簡単に取れました。ここを新しく貼り直すときの目安に覚えておきます。

こちらが新しいスクライムの裏側。両面テープのフィルムを剥がして貼り付けます。

その後、イヤークッションを取り付けたら元通り。

最初、うまくつかなくて困惑しましたが、本体にある10箇所のツメの下側にイヤークッションの根本の硬い部分を潜り込ませる感覚。

この作業が若干やりにくいので、作業中にイヤークッションに負担がかかりそう…と感じました。

イヤークッションと本体の間に隙間がなくなったらきちんと取り付け完了です。

不慣れだったこともあり、作業時間は20分ほど。

BOSE QC45のイヤーパッドを交換してみた感想

交換して感じたことをまとめておきます。

音の質

あくまで主観的な感想ですが、付け替えて音楽を聴いたら「あれ?音質上がった?」と感じました。

徐々に劣化していったイヤーパッドでは、その都度の状態が当たり前になっていましたが、新品と交換すると密着が良くなるからなのか、音が逃げない感じがします。

作業のやりやすさ

ハッキリいってやりにくいです。

先述した通り、取り付け作業中に勢い余ってクッションを破ってしまわないか心配になるので、もうちょっとスムーズに交換できるようになるといいなあと思います。

BOSE公式のイヤークッション交換ページ

お値段

率直な感想としては「これで4,000円とは、さすがBOSE!強気ですな…」といった感じ。

装着感、聞き心地ともに向上したように感じるので仕上がりは満足なのですが、やはり交換方法が気になるので、この作業でこのお値段だとうーんとなるかもしれません。

今回は新品で買ってから初めての交換でしたが、購入が2022年の5月なので耐久期間としては2年もたないくらい。

本体が壊れない限りできるだけ長く使いたいと考えているので、イヤーパッドももうちょっともってくれると嬉しいなといった感じ。

サードパーティー製を使った人の意見が聞きたい

こういうアイテムの消耗品、どうも昔から公式以外が出している対応品に手を出しにくいという心理的ブロックがあります。

値段で言えば圧倒的に安いのですが、そうやって飛びついて安かろう悪かろう商品をつかまされたことがあったからです。

お値段半分で高評価なのが妙に気になる…誰か使ったことある人いれば意見聞きたいです。

まとめ

そんな感じで、BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンQC45のイヤーパッドを自分で交換してみた様子でした。

構造自体はシンプルなので作業そのものは難しくないですが、新品のクッション部分を取り付ける際にちょっとしたコツを掴む必要があるのとクッション自体を傷つけてしまわないように慎重に作業する必要があります。

ただ、取り替えた後の満足度(音の質・装着感)は高いので、劣化してきた人は交換しておくことをおすすめします。

レビュー記事BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort45で手に入れた静寂の中でぼくは無力だった(昔のブログに飛びます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です