ブログ記事移行中▶︎「NEWストライクゾーン」

キャンプの時のコーヒーセットの収納方法と便利な持ち出し方

大自然の中で飲むコーヒーはいつもの3割り増しでおいしいので、キャンプに行く際もコーヒーセットを持って行ってドリップして飲んだら最高だと思いませんか?

しかし割れ物でもあるコーヒーセットを持ち出すのも、なかなか気が張ります。

ぼくはキャンプをやりだす前から、旅先にはいつも使っているコーヒーセット一式を持ち歩くほどのコーヒー好きなので、その頃から今でも使っている収納ケースを紹介します。

使っているのは以下のものです。

キャンプにも持ち出すいつも使っているコーヒーセット一式

ケースを紹介する前に、普段から使っているコーヒーセット一式を紹介します。

「コーヒーセット」と一言で言っても、人によって持ち物が異なるはずなので、同じケースを使ってもスペースが足りなくなったり余りすぎたりするかもしれないからです。

コーヒードリッパー

基本的にコーヒーグッズはHARIOのもので揃えています。

ドリッパーはメタルタイプのものなので、割れる心配がなくて安心。

もっとお手頃な価格のやつでプラスチックタイプのものがあるのですが、使っていくうちにヒビが入ってしまったので、割れたことをきっかけにメタルタイプのものにしました。

耐熱プラスチックといっても、いつかは消耗する。

コーヒーサーバー

ドリップしたコーヒーを落とすサーバー。

こちらはガラス製なので、最も取り扱いに気を遣うアイテム。

HARIO特有のポコポコとした見た目がかわいい。

あと蓋がドリッパーの受け皿にもなるので、抽出し終わったドリッパーをその辺に置いて机を汚したり、水浸しにする心配もありません。

ペーパーフィルター

ペーパーフィルターもHARIO純正のもの。

家でも使うのでまとめ買いしておきながら、このうち何十枚かを後述するケースの中に入れています。

コーヒースケール

豆やお湯の量を測ったり、抽出時間を計測できるスケール。

おいしいコーヒーのために、毎回決まったお湯の量と時間でドリップをしています。

コーヒーミル

ちょうど二人分(20g)のコーヒー豆が挽けるコーヒーミル。かれこれもう6年以上使っています。

コーヒー豆保管用キャニスター

コーヒー豆を持ち出すのに便利なキャニスター。ステンレス製なので機密性と遮光性が高く、豆の風味を害いにくいのでアウトドアにも最適です。

Oregonian Camperのセミハードケースで割れ物を守る

上記のコーヒーセット+緑茶用の急須を、Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)のセミハードケースに入れて持ち歩いています。海外生活中もバックパックに詰めて旅行していました。

証拠:Oregonian Camperのセミハードギアバッグで旅先にもおいしい一杯を持っていく(海外生活ブログに飛びます)

中はこのような。仕切りの部分はマジックテープで脱着可能なので、収納するものの大きさにわせて好きな位置に取り付けできます。

こんな感じでコーヒーセットと緑茶用の急須を収納しています。

蓋の裏面はメッシュポケット。

ここにはドリップ用のペーパーフィルターとドリップバッグのコーヒーを予備で淹れています。

ダブルファスナーで開閉がスムーズ。あと指に引っかかりやすいので動作性◎です。

縦持ちもできます。

キャンプ用品の持ち出しにはアウトドアワゴンがおすすめ

ここまででキャンプの時に持ち出しているコーヒーセット一式と、それらを収納しておくためのセミハードケースを紹介しましたが、コーヒーを飲むためにはもう少しアイテムが必要です。

コーヒーケトル

お湯を沸かして注ぐために必須。

タフ丸Jr.

お湯を沸かすために必須。

カゴとフタ

小物を収納したり、作業台になる蓋。あると便利。

アウトドアワゴン

コールマン(Coleman)
¥11,111 (2024/05/21 22:34時点 | Amazon調べ)

実家で眠っていたコールマンのアウトドアワゴンを我が物にしました。重たい道具や大きな道具を一度にまとめて運べてめっちゃ楽。

キャンプや車中泊の時のコーヒーセット持ち出し方法まとめ

そんな感じでコーヒーセットを持ち出して山や海や湖畔でおいしいコーヒーを飲んでいます。

ちなみに飲んでいるコーヒーはこれ。奥さんが妊娠したのをきっかけに、カフェインレスに切り替えました。カフェインレスかわからないくらいしっかり味でコクがあってうまい。