自分の好きなヒト・コト・モノ・バショと暮らす「ストライクゾーン」

iPhone離れをするために5年ぶりに腕時計を買った

5億年ぶりに腕時計を買いました。カッコイイのでみてください。

俺の腕時計のスペック

買ったのはCASIOのG-SHOCK。GW-M5610UBC-1JFです。

時計本体は樹脂ですが、メタルバンドを採用してスポーティーすぎない見た目にしているにも関わらず、重量は102gと軽量。

耐水は200mなので、このまま水に入っても安心。

1日最大6回も時刻合わせを自動でやってくれるので、買ったらまず時間を合わせたり、気づいたら数分ずれててその度に手動で時間を合わせる必要がありません。

腕時計を買った理由

なんで今回腕時計を買ったかというと、スマホ離れをしていくためです。

2年ほど前からブログ以外のSNSアカウントは全て削除して、スマホからもYouTubeやAmazonなど娯楽や購買意欲を刺激するアプリを消して、無駄にダラダラとスマホを見ないようにしています。

スクリーンタイムを1日2時間で設定していますが余裕。

それでも生きているといろいろあって

  • いい感じに集中している時に電話やLINEが鳴って応答してしまうor気になってしまう
  • 時計見ようと思っただけなのに通知があると開いてしまう
  • 奥さんとの会話中に浮かんだ疑問を調べるだけのつもりが、気づいたらそのままネットサーフィンしており、曖昧な返事をしてしまう(申し訳ない)

などが発生します。

そのためぼくのiPhoneは現在、通知をほぼ全てオフにしています。理由は上記のような外的刺激によって集中力を分断されたり、時間を奪われたくないからです。

まったくの未読無視ってのもおかしな話なので朝食前、昼食前、夕食前の作業を切り上げたタイミングで数分時間をとってザッと確認。必要な返事をサクッと返してあとはまた放置という感じ。

そうなってくるとスマホの必要性が、電子決済と時間管理とたまーに電車乗る時のモバイルSuicaくらいしか役割がない。

で、電車にはほぼ乗らないのでスマホ以外で時間管理ができれば、もっとスマホ離れができるのでは?という狙いです。

寝る前にうっかりブルーライトのシャワーを浴びたりしたくないので、夕食後は触らず、寝室にも持ち込みません。

だけど目覚ましはないと起きられない。子どもと一緒に寝ている時にスマホの音で起きようとして、子どもまで起こしたら朝の一人時間が取れないと思い、アラーム付きの腕時計なら全てを解決してくれると思って買いました。

安心のG-SHOCKなのでこれから子どもと外で遊ぶようになっても、水に濡れたり泥で汚れたりしても安心。ガンガン使えるくせにメタルバンドなのでいろんなシーンにフィット。これ一本持っておけば他はいらない、そんな気持ちにさせてくれる腕時計です。

今回買ったG-SHOCK「GW-M5610UBC-1JF」のいいところ

  • ソーラー充電システム
    • 普通に使っているだけで電池切れの心配なし
    • フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間機能使用の場合10ヶ月持つ
  • 自動時刻合わせ
    • 1日6回自動で調整してくれる
  • ワールドタイム5カ国
    • いろんな国の時間を表示できるので、海外にビジネスパートナーや恋人がいる人にも最適
  • アラーム5セット
    • いろんなタイミングでアラームをかけられるのでリマインダーになっていい
  • 顔面
    • かっこいい

最初にやった設定

  • 24h表示:AM/PM表示より好み
  • オートライトON:腕傾けるだけで光るので見やすい
  • 点灯時間を3秒に:1.5秒だと短いので
  • ワールドタイムをバンコクに:10年近くいたカンボジアの時差に合わせてある、別に見ることもないけど一応
  • アラーム設定:5時半(起床)、7時準備(朝食)、12時20分(昼食)、16時45分(風呂掃除)
  • 時報をON:毎時間教えてくれるので時間感覚を掴みやすい
  • タイマーを1分:0秒思考を頻繁にやるので

0秒思考については、以下の記事で触れています。

まとめ

そんな感じで、お正月に買ってから1ヶ月経ちましたが毎日つけています。

おかげでiPhone触る時間が減って、時報やアラームで生活リズムを時間感覚で整えながら、いい感じの日々を過ごしています。