自分の好きなヒト・コト・モノ・バショと暮らす「ストライクゾーン」

スワンナプーム国際空港のフリーWi-Fi接続方法と使用の注意点

バンコク・スワンナプーム国際空港

バンコクのスワンナプーム国際空港に到着してWi-Fiに接続する方法と、利用に際しての注意点をまとめておきます。

スワンナプーム国際空港でフリーWi-Fiに接続する方法

スマホのWi-Fi接続設定を開くと、周辺で飛んでいるWi-Fiが一覧で表示されます。

今回は「.@Airport Free Wi-Fi by NT」というネットワークに接続しました。

「Free wifi」と書かれた水色のボタンをタップします。

敬称を選択し名前とメールアドレスを入力します。

継承に関しては既婚女性は Mrs. 、 未婚女性は Miss が本来ですが、最近では両者問わず Ms. を使うのが一般的とされています。
Wi-Fi利用に関して別に細かく確認があるわけでないのでテキトーでもOKです。

その後「I agree to the terms and condition(訳:利用規約に同意します)」にチェックを入れると…

利用規約が表示されるので、下まで読んで同意できそうなら「I AGREE」をタップします。

個人情報を入力した画面に戻るので「Next」をタップします。

広告が表示されるので「Skip」をタップします。

接続されました。

「OK」をクリックして画面を閉じてインターネットを利用しましょう。

スワンナプーム国際空港のフリーWi-Fi利用の注意点

今回接続したスワンナプーム国際空港のフリーWi-Fiの利用期間は24時間です。

万が一、トランジットなどの利用で24時間を超える場合は再度別のネットワークを探して接続する必要があります。

また24時間以内の利用でも、長時間スマホ操作を行わないと接続が切れてしまうことがありました。

その場合は再度同じ手順で接続しなくてはいけないのがちょっとめんどくさいですが、無料で使わせてもらっているので文句なしでいきましょう。

使用上の注意としては、誰もが普通に使えてしまうフリーWi-Fiなので個人情報、クレジットカード情報、暗証番号やパスワードの入力が必要な操作は控えた方がいいと思います。

インターネット利用はできますが、あくまでサイト検索する程度の利用に留めておく方が健全。

どうしてもそのような情報の入力が必要な場合はVPN接続をするようにして、安全なインターネット利用を心がけましょう。

VPNは個人情報保護の観点以外にも、海外から視聴できない日本の動画などを視聴する際にも役立つので、旅行中に動画を見たい人にもおすすめ。

NordVPN