自分の好きなヒト・コト・モノ・バショと暮らす「ストライクゾーン」

楽天プレミアムカードの手荷物宅配サービスで無料で荷物を送って空港から自宅まで手ぶらで帰る

海外旅行から帰って来た後、大きくて重たいキャリーケースを引きずって帰りたくないので、空港から自宅に送って手ぶらで帰りました。

楽天プレミアムカードを持っていて、トラベルコースに加入している人は無料で送ることができます。

空港から自宅までの手荷物宅配サービスを利用する方法

空港から自宅へ荷物を送る場合は、予約は不要ですが「手荷物宅配サービスクーポン」の提示が必要になるので、旅行前にあらかじめクーポンを用意しておきましょう。

楽天e-NAVIの「お申し込み(カード/サービス)」から「手荷物宅配サービスクーポン」へと進みます。

「到着時に利用する」を選択して「手荷物宅配サービスクーポンを申し込む」をクリックします。

内容に間違いがなければ「申し込む」をクリックします。

手続きはこれで完了です。

楽天e-NAVIで使用しているメールアドレス宛にクーポンが届きます。

こちらが実際に届いた手荷物宅配サービスクーポンです。

特に印刷しておく必要はなく、受付の際にクーポンが表示された画面を見せればOKです。

空港から自宅へ手荷物を送る方法

帰国したら

  • 送りたい荷物
  • 手荷物宅配サービスクーポン
  • 楽天プレミアムカード

を持ってJAL ABCのカウンターへ向かいます。

受付の人がいろいろ確認してくれている間に、送り状を書きます。

JAL ABCカウンターは税関を抜けた到着ロビーにあることがほとんどなので、以下に主要4空港のJAL ABCカウンターの場所を載せておきます。

成田空港

成田空港第1ターミナルでは南北のウィングのそれぞれ端っこにあります。

今回は南口S3出口付近のカウンターを利用しました。

成田空港第2ターミナルの場合は、Aゾーンの税関出口を出て正面に見える南口2と3の間にあります。

こちらは2019年に第2ターミナルで利用した時の様子。

羽田空港

羽田空港は税関出口を出て右斜め前歩行に見えます。

中部国際空港

中部国際空港では税関入国検査場を抜けた右側にあります。

関西空港

関西空港では南到着口を抜けた左手側にあります。

空港から自宅へ手荷物宅配サービスを活用する際の注意点

このサービスを利用する際に注意しておくことをまとめておきます。

利用回数はカード期限月を起点に年2回まで

海外旅行に必要な荷物を自宅⇄空港間で無料で送ってくれるサービスですが、こちらは年2回までとなります。

そのため旅行の前後で使ってしまうと、実際には年1回の旅行でしか使えません。

2回以上旅行の予定がある場合は、行きと帰りでどちらが荷物を持ちたくないか?を考えて分割して使ってもいいかもしれません。

またこの年2回という制限は、年が変わればリセットされるのではなく、楽天プレミアムカードの有効期限の月に基づいています。

例えばカードの有効期限が「2028年11月」であれば、11月から翌年10月までの期間で換算されます。

そのため11月にクーポンを2回使ってもあと、2ヶ月もすればまた使えるや!とはならないので注意が必要です。

国内主要空港からでないと使えない

このサービスが適用されるのは

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西空港

の4箇所のみです。

その他の地方空港では使えないので注意が必要です。

まとめ

年2回まで、主要4空港でしか使えないという制限はあるものの、やはり自宅と空港の移動の際に大きな荷物を持ち歩かなくていいというのは非常に快適です。

荷物が軽いというただそれだけのことで、旅はもっと楽しくなる。もう戻れない。

楽天プレミアムカードの年会費は11,000円ですが、今回のように140サイズのキャリーケースを送った場合の往復の送料はおよそ5,000円。

加えて、楽天プレミアムカード所有者は世界中の空港ラウンジで使えるプライオリティパスも持てるので、それらのサービスを併用すれば年会費は簡単にペイです。

来年以降、ますます活発になる子どをを連れて旅行することが増えると思うので、こういったサービスを積極的に活用して、移動中は荷物ではなく子どもに集中して楽しい思い出をいっぱい作っていきたい。

旅行好きに便利な楽天プレミアムカードは以下よりお手続きできます。

楽天プレミアムカード

自宅から空港へ送りたい場合